若冲と江戸絵画展

地下鉄構内を歩いていたら素敵なポスターが目に飛び込んできました!
「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」の宣伝でした。
「えぇーっ!こんなのやってるんだー」とかなり興奮(笑)
会期も長いのでとりあえず帰宅して、早速調べてみました。

オフィシャルサイト
コレクション等を紹介したブログ

「この規模での日本への里帰り展は、最初で最後になるでしょう。」とプライス氏も語っています。これは見に行かねばーーー!日本画の独創性に最近は心惹かれています。
ブログでは現在進行形で作品一点一点を紹介しつつ簡単な解説も付けられていて、無知な私には楽しいです。興味があったら覗いてみてください。
できれば平日に行きたいので予定を考えると8月に入ってからになりそうですが、今からとっても楽しみ~。わくわくっ。

COMMENT 8

マコ  2006, 07. 19 [Wed] 00:35

うわ、こんなのやっているんだ。
絶対見に行こう!っと。
kikimamaさん、情報ありがとう。

Edit | Reply | 

きたろう  2006, 07. 19 [Wed] 01:17

 これは、面白かったです。
見には、行きませんが、ブログのだけでも楽しめました。

Edit | Reply | 

kikimama  2006, 07. 19 [Wed] 10:06

マコさん

面白そうでしょ?私も行ける日を楽しみにしてます。
それとブログを読んで、これまた初めて知ったのですが、皇室所有、若冲の「動植綵絵」30幅が修理を終わって公開されてます!
http://www.kunaicho.go.jp/11/d11-05-06.html
若冲の傑作オンパレードって感じの30幅ですし、日本花鳥画の最高傑作ともいわれてるようです。
5期に分かれて公開されているようで、残念ながら前半は知らなくて見にいけませんでしたが、4期、5期は見に行こうと思ってます。
皇居も周りを歩いたことしかないので、ちょっと興味ありです。

Edit | Reply | 

kikimama  2006, 07. 19 [Wed] 10:16

きたろうさん

マニアは別として、近くでやらないとなかなか見にいけませんよねー。
絵画に限らず、作品の背景やちょっとした見方のヒントなどがあると、鑑賞する時も奥行きが出て面白味が増しますね。

Edit | Reply | 

ぴえる  2006, 07. 20 [Thu] 23:59

そっか。 kikimama は若冲好きなんだよね!
実家に画集があるんで眺めることはあっても、実画を観た事はないなぁ・・・
きっと迫力あるんだろうなぁ・・・ 私にとってはあのギラギラとした個性と
題材のユニークさが、版画の北斎を連想させますル。

Edit | Reply | 

kikimama  2006, 07. 21 [Fri] 00:34

芸術にはちっとも詳しくないけれど、若冲を見たときは衝撃でした。こんな絵師がいるんだーって。
なんかこう余白の美なんてクソ食らえっつーか(笑)、構図のための構図って感じがしないんだよね。余白さえも濃密な空気が流れているっていうか。
構図のための構図じゃないのは若冲に限らず、素晴らしい作品に共通するところだと思うけど。
私も実物は初めて見るので、すごく楽しみでーす。

Edit | Reply | 

ぴえる  2006, 07. 22 [Sat] 21:19

うんうん、云いたい事分るっ!
芸術「図鑑」絵師・・・って風な。(爆)
もちろん、凄まじい迫力なのは 『鶏』 だけど、蛸や魚を描いた絵も
私は大好きなのよ~~っ♪

Edit | Reply | 

kikimama  2006, 07. 22 [Sat] 22:27

魚やタコの群魚図だね。ユーモアがあってあれも面白いね。カエルや虫たちの群虫図も楽しいっす。
鶏はやっぱスゴイんだけど、私は蓮池遊魚図っていうのがお気に入り。
魚がまるで宙に浮いているような構図で、浮遊感が不思議なんだよねぇ。
チャレンジャーな人だったんだろうなぁって思いまする。

Edit | Reply |