お散歩いろいろ

オヤツにつられて私を追いかけてくるフランの表情はものすごく真剣です。
リースとボール投げをしている間は退屈そうですし、じっとしていると体が冷えそうなのでこんなことしたりしています。おそらく16歳にしては本当によく歩くと思いますし、足腰はまだまだ丈夫じゃないかな。立ち上がったり跳ねたりするのが心配ですけど。


今とてもお気に入りのボールで遊ぶリース。ハーツのデュラプレイボールのSサイズ。リースの好きな笛付きで独特な形状で柔らかくもあり、咥えた時の感触が楽しいのじゃないかと思います。
リースが自由に取り出せない特別なおもちゃとして使っているというのもあるけれど、注意をこちらに向けたいときにも有効です。とにかく目下の超お気に入りボールです。

DSC02762.jpg

ボールも大好きだけど、松ぼっくりも大好き!
ついでに枝も。散歩中に拾って家に持ち帰ることもあります。嬉しそうに運ぶ姿もかわいいです。

DSC02861.jpg


DSC02866.jpg

桜の声が聞こえてくるとミモザももう終わりです。

DSC02888.jpg

こちらは海老川。
海老川には橋がたくさんかかっていて、欄干のデザインが色々違っていて散歩しながら楽しめます。写真は太宰治ゆかりのデザインの橋の上。近くに住んでいたことがあるのですよね。太宰治は大好きな作家で、いつか青森の斜陽館を訪ねてみたいと思っています。自分の中でも何度か再読ブームがやって来ましたが、その都度味わいが違っていつ読んでも引き込まれます。暗いイメージだけが強調されがちの作家ですが、もちろんそれだけではありません。明るく、ユーモアもあって、力強くもある中期の充実した太宰作品も良いものです。なんとなく一緒に走っているような感覚で元気になれるんですよね。太宰の魅力は正に読んでいる私に直接話しかけてくるところじゃないかなと。特別な感覚に陥るところが未だに人気の衰えない理由かななんて思います。

DSC02915_2017032209464710d.jpg

太宰が住んでた頃とはぜんぜん違うよねーとか思いながら、海老川をのんびりと散歩。
2回めのヒート辺りから急に大人びたような気がするリース、あまりガンガン引っ張られることも少なくなって随分楽になりました。馴染みの場所限定で散歩が楽しめるというレベルになりましたけど、ちょっと寂しいような気もするのが不思議な親心(笑)

DSC02917.jpg

河津桜が終わって、次はソメイヨシノですねー。

DSC02921.jpg


気がつけば冬は去り、春がやってきたようです。

COMMENT 0